カテゴリー
外壁塗装した家

外壁塗装で防水効果

外壁塗装と水漏れは全く関係ないものと思われがちですが、密接な関係があります。
外壁塗装の隙間から、雨水が入り込み、思わぬところで水漏れをすることがあります。
これは、水漏れの原因を追及して、穴を塞いだうえで水漏れしないか確認をしたうえで、隙間を埋めたり、外壁塗装でコーティングしたりする必要があります。
リフォームというと、家の中をちょっと直すということをイメージしやすいですが、外壁塗装も立派なリフォーム対象です。

屋根からの水漏れよりも、外壁を伝って水漏れするほうが、広範囲に影響を及ぼしやすく、家を傷めやすいので直ちに直さなければなりません。
水が漏れてくるか所から腐食したりするとさらなる大工事の必要性が出てきてしまうためです。
外壁塗装を直すと、水漏れを防ぐということだけでなく、リフォームしたという証にもなりますし、家の外観も見違えるほど美しくなる特徴があります。
同じ色でも明るい感じに映りますし、もっと明るい色を選択したとすれば、美しさはさらにアップすることでしょう。

外壁塗装を行うことは、塗料で雨漏り箇所をふさぐということだけでなく、防水の塗料でコーティングしたり、撥水効果も追加できたりすることもあるため、塗料とその効果をサンプルで見極めてから決めると良さそうです。
家を長持ちさせるには、家の内部の修理やリフォームも必要ですが、家族を雨風から守ってくれて、暑い日にはカンカン照りの太陽から家族を守っている外壁のメンテナンスも重要です。

外壁塗装が必要な家

プロに任せましょう。

新築時は完璧であった建物も時間経過とともに劣化し、色々なパターンで水漏れしはじめることがあります。
簡単に、素人の外壁塗装工事で状況が改善することもありますが、本格的な対策にはやはりリフォームのプロによる工事が必要になってきます。
太陽光線等で塗装が剥げ、建物の地が出てしまいそこから雨水が浸み込んでいるような場合その箇所を塗るだけですから、素人の外壁塗装工事でも治まってしまうことはしばしばですが、より高価な耐光性塗料を外壁塗装業者に塗り直してもらったほうが経費はかかりますが持ちもいいでしょう。
外壁塗装工事だけでは水漏れが治まらない場合は本格的なリフォーム工事を依頼します。
まずは外壁のひびを確認してもらいます。

大震災の余震等で建物が揺れ、細かいひびが発生していると、そこから雨水が浸入し水漏れします。
自分でパテを使いそのひびを埋めることも出来ますしそれでも被害は軽減しますが、やはり仕上がりが綺麗ではないのでリフォーム業者に委ねることをお勧めします。
天井裏、窓枠等の点検も重要です。
水漏れの原因になっている場所を入念に確認してもらいます。
一番酷かったケースは看板の枠に鳩が巣を作ってしまい、その糞尿で塗装や建築資材そのものが劣化、大きな穴が開いていた時です。
鳩とはいえむやみに巣を壊すわけにはいかないので担当したリフォーム業者が各方面に連絡を取り、ようやく巣を近くの大木に移すことを条件にして工事が始められました。